信用情報はカードローン審査で融資を受けるために影響を与えます

カードローンは金融業者から融資を受けるサービスですので、金融業者としては利用者がしっかりと返済できるかどうかを確認する必要があります。そのためにカードローンの申込みをすると、金融業者の審査を受けることになります。審査によって返済能力を調べられることになりますが、申込みのときの手続きとしては氏名や住所、生年月日などの情報の他に、年収や勤務先の情報、勤続年数などを記載しなければなりません。金融業者は利用者の個人情報を元に、融資を実行することができるかどうかを決めます。
個人情報の他に審査に影響を与えるものとして、信用情報があります。信用情報とは過去にカードローンを利用したときに、返済期日の遅滞がないかや債務整理などの手続きを行う金融事故を起こしていないかなどの情報となります。信用情報に関しては、他の金融業者を利用したときの情報についても信用情報機関に記録されていますので、これからカードローンで即日融資を受けようとしている業者以外との取引履歴も影響します。債務整理をした経験がある人であれば、任意整理であれば5年から7年ほど、自己破産であれば10年間ほどの期間は、信用情報機関に金融事故の情報が登録されていますのでカードローンの審査に影響を与えることになります。